10年後も後悔しない身体作り

動ける身体作りってなに?

動ける身体作りを簡単に説明すると、姿勢改善トレーニングです。もう少し言うと、正しい姿勢・重心置・関節可動域を習得しましょうと言う事です。
例えば、肩腰膝が日頃痛む方、四十肩などで思い通りに動かない方の姿勢はロードシス姿勢であったりカイホーシス姿勢の方が多く、いわゆる反り腰と猫背といった姿勢です。それをストレッチやトレーニングで姿勢改善していきます。姿勢が変われば機能的に身体を動かす事が出来ます。そして、姿勢が整ってくると重心も正しい位置に戻ってくるので、立ち姿も歩行動作も美しくなります。姿勢を改善するだけ?と思われるかもしれませんが、姿勢が変われば身体は思った以上に動かしやすくなります。その身体で様々なトレーニングを行う事で、身体能力やコーディネーション能力(自分の思い通りに身体が動かせる能力)が向上しやすくなります。これが動ける身体作りです。
※全てのトレーニングプランにおいて、あなたの目的・年齢・トレーニング経験を確認させていただきプログラムを作成します。

あなたの10年後は…?

あなたの10年後は、40代ですか?50代ですか?人間の身体は30代をピークに年々筋力などが徐々に低下していきます。運動を習慣にしている人は緩やかに低下し、運動を習慣にしていない人は急激に低下していきます。今は大丈夫と思っていてる方は、要注意です。その変化に気付く頃は50代、60代になってからでしょう。

重要なのは身体が動く状態を60代、70代になった時でもキープしておく事です。「私はもう歳だから無理かぁ」と思った方!大丈夫です。筋肉は何歳になっても成長します。運動を始めてみようかな?と思っているこの瞬間が1番若い時です。明日はまた1日歳を取り、来年は1つ歳を取ります。今からの未来のご自身の健康の為にも運動を習慣にしてみましょう。

動ける身体でパフォーマンスを発揮しよう



スポーツの為にトレーニングを行う方は、まずはピラミッドの一層目の関節可動域を広げたり、力を上手く伝えられる様に正しい姿勢を習得(動ける身体作り)していきます。その次に二層目の筋力や持久力のトレーニングを行います。そうする事で三層目の競技技術も習得しやすくなります。更に、一層目・二層目のトレーニングを繰り返し行う事で熟練度も高まってくるので、三層目の質も高まってきます。思い通りに動かせる身体は、より良いパフォーマンスを発揮できます。

■ ボディメイクが目的な方は、姿勢改善や柔軟性の向上を目的としたトレーニングをまずは行っていきます。見た目も変わってきますし、筋力トレーニングの時に効率の良い動きでトレーニングが出来ます。ボディメイクは単に体重を落とすだけではなく太りにくい身体作り・メリハリのあるボディライン・美しい姿勢】を目的ににトレーニングを行います。人によって理想の体型やボディラインは様々です。筋肉をつけてボディラインを強調させる事で理想の体型を手に入れられる事でしょう。

■「ゴールデンエイジ・ポストゴールデンエイジ」(9歳~12歳・~15歳頃)の方は(アスリートの方も社会人の方も)まずは、自分の身体をしっかりとコントロールする事が大切です。スポーツは目視できない部分を動かして行う事が多く、『感覚』が重要となる事が多岐にわたってあります。その『感覚』をいち早く覚える事でスポーツは楽しくなります。また、年齢と目的に合わせて柔軟性・筋力・心肺機能を向上させ、各分野で最高のパフォーマンスを発揮できるようにトレーニングをご案内します。

気になるプログラムを見てみよう

『B.T.CLUB』
『パーソナルトレーニング』
『グループトレーニング』

の3つのプログラムがPSF/Cのメイントレーニングです。

それぞれに特徴がありますので、ご自身のトレーニング目的と照らし合わせながらご確認ください。

※公式LINEアカウントに登録していただくと、トレーニング日以外のサポートもできますので、是非、ご登録ください。

友だち追加